/page/2
子どもに対して「もっと現実を直視しなさい」と説教する親や教師がいますが、自己評価と他者の評価が一致している、すなわち“勘違いしていない”ひとの典型はうつ病患者です。あらゆる出来事をネガティブにとらえてしまうのがうつ病だとされていましたが、最新の研究では、彼らの自己認識は正確すぎてポジティブな勘違いができないのだと考えられるようになりました。
大阪の過酷な労働に耐えて金を貯めて整形しただけでも、良い悪いは別にして「すげぇなぁ」と思うのに、無人島での自炊生活は脱帽した
針と糸で釣りをしたり、飲み水がなくて脱水症状になったり、トリカブトをうっかり食べてしまったり…
スティーブンソンの小説『宝島』を思い出した。たくましいの一言じゃ語りつくせない

たった1人でよく2年7カ月も逃げ続けたなぁ…。普通の人なら途中で諦めたくもなるのに、どうしてそれが出来たのだろうか?
逃走中も、色んな人に支えられてきた印象。市橋さんは、素直に人に頼ることが出来た事が、逃走を長引かせた要因の一つかもしれないと思いました
例えば、市橋さんが千葉のマンションから警察をふりきって逃げた時、隠れていたらマンションから人が出てきたので
「ヤンキーみたいな人に追われている。かくまってください」とお願いしている

青森でも沖縄でも、「住むところがないんです。仕事をください。寝泊まりは外でもかまいません」と素直にいろんな人に頼っている

大阪でドカタ仕事をしている時も、作業経験がなく仕事覚えの悪かった市橋さんがなぜ、周囲の人間から重宝されていたのか?
それは、どんな罵声を浴びせられても、どんな仕事でも、毎日仕事があっても「はい。わかりました」と素直に働き続けたから。自分の事を虫だと思い続ければ耐えられたそうだ
「本当に助かっている。いつまでも居てほしい」と現場監督から言われただけある。昼間働き、夜は仕事がなかった日には、働きたくて仕方がなかったそうだ。

市橋さんの犯した罪は許されるものではないし、逃げ続けたことも許される事ではありません
ですけど、よくもまぁここまでやったものだ、と思えました

僕は新卒で就職し、耐えられずにすぐに辞めてしまったクズなので、逃走資金の為とはいえ、ここまで働き続けられた根性には感服しました



以下、印象に残ったシーンを抜粋します

・千葉のマンションから逃走後コンビニで針と糸を購入し、それらを使って障害者トイレにこもり、鼻の形を変える

・下唇をハサミで切りおとして特徴を変える。ホクロをハサミで取る

・片方の耳へ常にイヤホンをさして、NHKのニュースを聴いていた。自分の報道はどうなっているのかが気になった

・逃走中も、英単語やTOEFLの勉強をウォークマンで聴いてしていた

・ホームレスのおじいさんと服を交換した

・お遍路参りすればリンゼイさんは生き返ると思い、お遍路参りをはじめた。生き返るまでは何回でも繰り返すつもり

・ビワを食べ、あまりの美味さに感動。同時に、お遍路参りしてもリンゼイさんは生き返らないと悟りお遍路をやめた

・無人島でやせ細った黒猫と一緒に生活。猫が騒ぐと決まってハブがいたので首を切り落として猫と一緒に食べていた

・大阪から高速バスに乗ってディズニーランドへ1人遊びに行った。あまり面白くなかった

・コンドミニアムで知り合った女性とゴザへ旅行へ行った。バスケットボールを買って、日が暮れるまで2人で遊んだ

・歩いていたらホストにスカウトされた。「あなたってモテるでしょ?」と一緒に働いた女性に言われた

・公園のベンチに『こち亀』が忘れられてた。主人公の両津は不衛生な生活を続けた結果、身体の中の免疫が異常に強くなって風邪をひかないという回の話だった。自分の体を慣れさせて強くすればいいんだ。そう思ってからはトンネル作業も苦でなくなった。

・フェリーを待っていると、夫に殴られたというおばさんがベンチで泣いていた。フェリーに乗るとおばさんもついてきたが「一緒には行けない」と断った

・沖縄の無人島の洞窟で眠っている時、穴に次々とヤドカリが入ってくる。噛まれると痛くて飛び起きるのでその都度砂浜に放り投げた。寝ていると巨大なアリが噛みついてきて熱い針で刺されたように飛び起きた

・テレビを観ていると、ゲイの街に市橋が行っていた、とか、市橋を抱いた男性のインタビューが放送されていて、混乱した。そんなことはしていない
ロビンフッドの逸話知ってるか?

貧乏な庶民のために貴族から金品や食糧奪っていた義賊ロビンフッド一味だが、ある日捕まってしまって処刑されそうになった。
そこで貧乏な庶民たちは、一致団結してロビンフッドのアジトを襲い、残った財宝を奪いに行ったんだ。
しかし自分達のためには何も残していなかったロビンフッド一味のアジトには財宝も食料もなかったとさ。
それに怒った貧乏な庶民たちは、処刑台に立ったロビンフッドに一斉に石を投げつけて、ロビンフッドは泣きながら処刑されたとさ。

いい話だろ。
まさにニュー速民だ。
2003年ごろ、大学で上海人の学生と知り合った。
当時、卒論で中国の農村を調べようかと思っていた俺が
彼に何か面白い話はないかと聞くと、こんな答えが返ってきた。


上「中国の農村はヤバい。俺たち都会の人間は、
  農村で人を轢いても現場で車を止めるなってことになってる。
  すぐに現場を離れて隣の村まで行ってから、警察に電話するんだ」

俺「なんですぐに助けないの?」

上「助けたいのはやまやまだけど、後が怖いんだよ。
  村人がワラワラ寄ってきて、轢いた人間をリンチして車をボコボコに するんだ。
  その場を離れないと自分の命が危ない」

俺「……そう」




話を聞いた当初、
上海人はここまで農民への偏見を持っているのか、と
ちょっと不愉快になった。

だが、後にいろいろと調べてみると、どうやら彼の話はネタではなくマジなのだ。
中国南方の農村(特に広東と福建)は、非常にバイオレンスな顔を持つのである
さて、孫さんのプレゼンはやっぱり凄いと感じたわけだけれど、一番凄いのはやっぱり事前の準備なんだろうと思います。これは、綺麗なスライドをつくるとか
そういう意味ではなくて、データの出所を敵側の資料に求め
るところとか、ステークホルダー全員にメリットをもたらすようなスキームを事前に描いておく
ことだろう。

「光の道」孫正義のプレゼン力 - 人と組織と、fukui’s blog (via horiesatoshi) (via nemoi) (via bardiche-side-b) (via vmconverter)

SoftbankBBの緊急役員会議でログのサマリーを提出したらタイムスタンプ付きの実物といくつかの視点でまとめた表を持ってこいと言われた。半日後に資料を持ってったら、しばらく睨み込んだのち、その場で問題の箇所を指摘された、ということがあったのを思い出した。役員の皆さんに聞いてみたらいつもそうだと。数字を読み解くすごさと言ったら凍えそうなほどスゴいと思った。だから、配下の人たちや雇われコンサルたちは中途半端な資料は提出できない。。。コワいからw

(via ag-ohki)

まったく同じ話をビル・ゲイツに直接プレゼンした経験のある人たちから話としてよく聞きますね。経営者の資質の要素なのかもしれません。

(via akirasek) (via pdl2h) (via kiri2) (via clione)

ちゃんと分かってる経営者とやりとりする時は、pptじゃなくてxlsを使って、その場でゴリゴリとシミュレーションするもんだと思ってたんだけど…。

(via tekusuke) (via yuco) (via ta2o)

(via otsune) (via yaruo) (via pushstart)

ノラ・ジョーンズが別の雑誌で「レストランで頼んだコーヒーが出てこないと私だってイライラする
でもそんな事は人生の本質じゃない」と言っていてかっこよかった
子どもに対して「もっと現実を直視しなさい」と説教する親や教師がいますが、自己評価と他者の評価が一致している、すなわち“勘違いしていない”ひとの典型はうつ病患者です。あらゆる出来事をネガティブにとらえてしまうのがうつ病だとされていましたが、最新の研究では、彼らの自己認識は正確すぎてポジティブな勘違いができないのだと考えられるようになりました。
大阪の過酷な労働に耐えて金を貯めて整形しただけでも、良い悪いは別にして「すげぇなぁ」と思うのに、無人島での自炊生活は脱帽した
針と糸で釣りをしたり、飲み水がなくて脱水症状になったり、トリカブトをうっかり食べてしまったり…
スティーブンソンの小説『宝島』を思い出した。たくましいの一言じゃ語りつくせない

たった1人でよく2年7カ月も逃げ続けたなぁ…。普通の人なら途中で諦めたくもなるのに、どうしてそれが出来たのだろうか?
逃走中も、色んな人に支えられてきた印象。市橋さんは、素直に人に頼ることが出来た事が、逃走を長引かせた要因の一つかもしれないと思いました
例えば、市橋さんが千葉のマンションから警察をふりきって逃げた時、隠れていたらマンションから人が出てきたので
「ヤンキーみたいな人に追われている。かくまってください」とお願いしている

青森でも沖縄でも、「住むところがないんです。仕事をください。寝泊まりは外でもかまいません」と素直にいろんな人に頼っている

大阪でドカタ仕事をしている時も、作業経験がなく仕事覚えの悪かった市橋さんがなぜ、周囲の人間から重宝されていたのか?
それは、どんな罵声を浴びせられても、どんな仕事でも、毎日仕事があっても「はい。わかりました」と素直に働き続けたから。自分の事を虫だと思い続ければ耐えられたそうだ
「本当に助かっている。いつまでも居てほしい」と現場監督から言われただけある。昼間働き、夜は仕事がなかった日には、働きたくて仕方がなかったそうだ。

市橋さんの犯した罪は許されるものではないし、逃げ続けたことも許される事ではありません
ですけど、よくもまぁここまでやったものだ、と思えました

僕は新卒で就職し、耐えられずにすぐに辞めてしまったクズなので、逃走資金の為とはいえ、ここまで働き続けられた根性には感服しました



以下、印象に残ったシーンを抜粋します

・千葉のマンションから逃走後コンビニで針と糸を購入し、それらを使って障害者トイレにこもり、鼻の形を変える

・下唇をハサミで切りおとして特徴を変える。ホクロをハサミで取る

・片方の耳へ常にイヤホンをさして、NHKのニュースを聴いていた。自分の報道はどうなっているのかが気になった

・逃走中も、英単語やTOEFLの勉強をウォークマンで聴いてしていた

・ホームレスのおじいさんと服を交換した

・お遍路参りすればリンゼイさんは生き返ると思い、お遍路参りをはじめた。生き返るまでは何回でも繰り返すつもり

・ビワを食べ、あまりの美味さに感動。同時に、お遍路参りしてもリンゼイさんは生き返らないと悟りお遍路をやめた

・無人島でやせ細った黒猫と一緒に生活。猫が騒ぐと決まってハブがいたので首を切り落として猫と一緒に食べていた

・大阪から高速バスに乗ってディズニーランドへ1人遊びに行った。あまり面白くなかった

・コンドミニアムで知り合った女性とゴザへ旅行へ行った。バスケットボールを買って、日が暮れるまで2人で遊んだ

・歩いていたらホストにスカウトされた。「あなたってモテるでしょ?」と一緒に働いた女性に言われた

・公園のベンチに『こち亀』が忘れられてた。主人公の両津は不衛生な生活を続けた結果、身体の中の免疫が異常に強くなって風邪をひかないという回の話だった。自分の体を慣れさせて強くすればいいんだ。そう思ってからはトンネル作業も苦でなくなった。

・フェリーを待っていると、夫に殴られたというおばさんがベンチで泣いていた。フェリーに乗るとおばさんもついてきたが「一緒には行けない」と断った

・沖縄の無人島の洞窟で眠っている時、穴に次々とヤドカリが入ってくる。噛まれると痛くて飛び起きるのでその都度砂浜に放り投げた。寝ていると巨大なアリが噛みついてきて熱い針で刺されたように飛び起きた

・テレビを観ていると、ゲイの街に市橋が行っていた、とか、市橋を抱いた男性のインタビューが放送されていて、混乱した。そんなことはしていない
ロビンフッドの逸話知ってるか?

貧乏な庶民のために貴族から金品や食糧奪っていた義賊ロビンフッド一味だが、ある日捕まってしまって処刑されそうになった。
そこで貧乏な庶民たちは、一致団結してロビンフッドのアジトを襲い、残った財宝を奪いに行ったんだ。
しかし自分達のためには何も残していなかったロビンフッド一味のアジトには財宝も食料もなかったとさ。
それに怒った貧乏な庶民たちは、処刑台に立ったロビンフッドに一斉に石を投げつけて、ロビンフッドは泣きながら処刑されたとさ。

いい話だろ。
まさにニュー速民だ。
2003年ごろ、大学で上海人の学生と知り合った。
当時、卒論で中国の農村を調べようかと思っていた俺が
彼に何か面白い話はないかと聞くと、こんな答えが返ってきた。


上「中国の農村はヤバい。俺たち都会の人間は、
  農村で人を轢いても現場で車を止めるなってことになってる。
  すぐに現場を離れて隣の村まで行ってから、警察に電話するんだ」

俺「なんですぐに助けないの?」

上「助けたいのはやまやまだけど、後が怖いんだよ。
  村人がワラワラ寄ってきて、轢いた人間をリンチして車をボコボコに するんだ。
  その場を離れないと自分の命が危ない」

俺「……そう」




話を聞いた当初、
上海人はここまで農民への偏見を持っているのか、と
ちょっと不愉快になった。

だが、後にいろいろと調べてみると、どうやら彼の話はネタではなくマジなのだ。
中国南方の農村(特に広東と福建)は、非常にバイオレンスな顔を持つのである
さて、孫さんのプレゼンはやっぱり凄いと感じたわけだけれど、一番凄いのはやっぱり事前の準備なんだろうと思います。これは、綺麗なスライドをつくるとか
そういう意味ではなくて、データの出所を敵側の資料に求め
るところとか、ステークホルダー全員にメリットをもたらすようなスキームを事前に描いておく
ことだろう。

「光の道」孫正義のプレゼン力 - 人と組織と、fukui’s blog (via horiesatoshi) (via nemoi) (via bardiche-side-b) (via vmconverter)

SoftbankBBの緊急役員会議でログのサマリーを提出したらタイムスタンプ付きの実物といくつかの視点でまとめた表を持ってこいと言われた。半日後に資料を持ってったら、しばらく睨み込んだのち、その場で問題の箇所を指摘された、ということがあったのを思い出した。役員の皆さんに聞いてみたらいつもそうだと。数字を読み解くすごさと言ったら凍えそうなほどスゴいと思った。だから、配下の人たちや雇われコンサルたちは中途半端な資料は提出できない。。。コワいからw

(via ag-ohki)

まったく同じ話をビル・ゲイツに直接プレゼンした経験のある人たちから話としてよく聞きますね。経営者の資質の要素なのかもしれません。

(via akirasek) (via pdl2h) (via kiri2) (via clione)

ちゃんと分かってる経営者とやりとりする時は、pptじゃなくてxlsを使って、その場でゴリゴリとシミュレーションするもんだと思ってたんだけど…。

(via tekusuke) (via yuco) (via ta2o)

(via otsune) (via yaruo) (via pushstart)

ノラ・ジョーンズが別の雑誌で「レストランで頼んだコーヒーが出てこないと私だってイライラする
でもそんな事は人生の本質じゃない」と言っていてかっこよかった
"子どもに対して「もっと現実を直視しなさい」と説教する親や教師がいますが、自己評価と他者の評価が一致している、すなわち“勘違いしていない”ひとの典型はうつ病患者です。あらゆる出来事をネガティブにとらえてしまうのがうつ病だとされていましたが、最新の研究では、彼らの自己認識は正確すぎてポジティブな勘違いができないのだと考えられるようになりました。"
"大阪の過酷な労働に耐えて金を貯めて整形しただけでも、良い悪いは別にして「すげぇなぁ」と思うのに、無人島での自炊生活は脱帽した
針と糸で釣りをしたり、飲み水がなくて脱水症状になったり、トリカブトをうっかり食べてしまったり…
スティーブンソンの小説『宝島』を思い出した。たくましいの一言じゃ語りつくせない

たった1人でよく2年7カ月も逃げ続けたなぁ…。普通の人なら途中で諦めたくもなるのに、どうしてそれが出来たのだろうか?
逃走中も、色んな人に支えられてきた印象。市橋さんは、素直に人に頼ることが出来た事が、逃走を長引かせた要因の一つかもしれないと思いました
例えば、市橋さんが千葉のマンションから警察をふりきって逃げた時、隠れていたらマンションから人が出てきたので
「ヤンキーみたいな人に追われている。かくまってください」とお願いしている

青森でも沖縄でも、「住むところがないんです。仕事をください。寝泊まりは外でもかまいません」と素直にいろんな人に頼っている

大阪でドカタ仕事をしている時も、作業経験がなく仕事覚えの悪かった市橋さんがなぜ、周囲の人間から重宝されていたのか?
それは、どんな罵声を浴びせられても、どんな仕事でも、毎日仕事があっても「はい。わかりました」と素直に働き続けたから。自分の事を虫だと思い続ければ耐えられたそうだ
「本当に助かっている。いつまでも居てほしい」と現場監督から言われただけある。昼間働き、夜は仕事がなかった日には、働きたくて仕方がなかったそうだ。

市橋さんの犯した罪は許されるものではないし、逃げ続けたことも許される事ではありません
ですけど、よくもまぁここまでやったものだ、と思えました

僕は新卒で就職し、耐えられずにすぐに辞めてしまったクズなので、逃走資金の為とはいえ、ここまで働き続けられた根性には感服しました



以下、印象に残ったシーンを抜粋します

・千葉のマンションから逃走後コンビニで針と糸を購入し、それらを使って障害者トイレにこもり、鼻の形を変える

・下唇をハサミで切りおとして特徴を変える。ホクロをハサミで取る

・片方の耳へ常にイヤホンをさして、NHKのニュースを聴いていた。自分の報道はどうなっているのかが気になった

・逃走中も、英単語やTOEFLの勉強をウォークマンで聴いてしていた

・ホームレスのおじいさんと服を交換した

・お遍路参りすればリンゼイさんは生き返ると思い、お遍路参りをはじめた。生き返るまでは何回でも繰り返すつもり

・ビワを食べ、あまりの美味さに感動。同時に、お遍路参りしてもリンゼイさんは生き返らないと悟りお遍路をやめた

・無人島でやせ細った黒猫と一緒に生活。猫が騒ぐと決まってハブがいたので首を切り落として猫と一緒に食べていた

・大阪から高速バスに乗ってディズニーランドへ1人遊びに行った。あまり面白くなかった

・コンドミニアムで知り合った女性とゴザへ旅行へ行った。バスケットボールを買って、日が暮れるまで2人で遊んだ

・歩いていたらホストにスカウトされた。「あなたってモテるでしょ?」と一緒に働いた女性に言われた

・公園のベンチに『こち亀』が忘れられてた。主人公の両津は不衛生な生活を続けた結果、身体の中の免疫が異常に強くなって風邪をひかないという回の話だった。自分の体を慣れさせて強くすればいいんだ。そう思ってからはトンネル作業も苦でなくなった。

・フェリーを待っていると、夫に殴られたというおばさんがベンチで泣いていた。フェリーに乗るとおばさんもついてきたが「一緒には行けない」と断った

・沖縄の無人島の洞窟で眠っている時、穴に次々とヤドカリが入ってくる。噛まれると痛くて飛び起きるのでその都度砂浜に放り投げた。寝ていると巨大なアリが噛みついてきて熱い針で刺されたように飛び起きた

・テレビを観ていると、ゲイの街に市橋が行っていた、とか、市橋を抱いた男性のインタビューが放送されていて、混乱した。そんなことはしていない"
"ロビンフッドの逸話知ってるか?

貧乏な庶民のために貴族から金品や食糧奪っていた義賊ロビンフッド一味だが、ある日捕まってしまって処刑されそうになった。
そこで貧乏な庶民たちは、一致団結してロビンフッドのアジトを襲い、残った財宝を奪いに行ったんだ。
しかし自分達のためには何も残していなかったロビンフッド一味のアジトには財宝も食料もなかったとさ。
それに怒った貧乏な庶民たちは、処刑台に立ったロビンフッドに一斉に石を投げつけて、ロビンフッドは泣きながら処刑されたとさ。

いい話だろ。
まさにニュー速民だ。"
"2003年ごろ、大学で上海人の学生と知り合った。
当時、卒論で中国の農村を調べようかと思っていた俺が
彼に何か面白い話はないかと聞くと、こんな答えが返ってきた。


上「中国の農村はヤバい。俺たち都会の人間は、
  農村で人を轢いても現場で車を止めるなってことになってる。
  すぐに現場を離れて隣の村まで行ってから、警察に電話するんだ」

俺「なんですぐに助けないの?」

上「助けたいのはやまやまだけど、後が怖いんだよ。
  村人がワラワラ寄ってきて、轢いた人間をリンチして車をボコボコに するんだ。
  その場を離れないと自分の命が危ない」

俺「……そう」




話を聞いた当初、
上海人はここまで農民への偏見を持っているのか、と
ちょっと不愉快になった。

だが、後にいろいろと調べてみると、どうやら彼の話はネタではなくマジなのだ。
中国南方の農村(特に広東と福建)は、非常にバイオレンスな顔を持つのである"
"さて、孫さんのプレゼンはやっぱり凄いと感じたわけだけれど、一番凄いのはやっぱり事前の準備なんだろうと思います。これは、綺麗なスライドをつくるとか
そういう意味ではなくて、データの出所を敵側の資料に求め
るところとか、ステークホルダー全員にメリットをもたらすようなスキームを事前に描いておく
ことだろう。"
"ノラ・ジョーンズが別の雑誌で「レストランで頼んだコーヒーが出てこないと私だってイライラする
でもそんな事は人生の本質じゃない」と言っていてかっこよかった"

About:

炭水化物が食べたい。

Following: